スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8部~プロローグ~(その2)

大変申し訳ございませんでした。

私の体調不良により、長期の入院生活で更新がまっっったく出来ませんでした...。

病名は伏せておきますがまだ、検査入院などを繰り返して徐々に直せれば...という状態でございます。
何とか...このストーリーは完結させたいので、小出しながら更新してまいります!

では、2ヶ月ぶり以上ですがプロローグ(その2)をどうぞ!
法皇ハーベスが深淵の令嬢に使いを出した頃...
「深淵の国」から遠く離れた地で一人の少年が"神"と遭遇していた。

『探しておったぞ。
 お前は"勇者"の血をひく者。
 お前に我が"力"を授けよう。』
「ぇ...?
 そう...なん...です...か?」
『お前の故郷は"力"を持つ一族の町だったのだ。
 その"力"を恐れた魔王、"深淵の令嬢"によって滅ぼされたのだ。』
「ボクの両親も...ですか...?」
『当然だ。
 しかも魔王めは今、一つの国を治め人間に災いをもたらしておるのだ。』
「そんな...。
 許せ...ない...。」
『お前には"力"がある。
 さらに我が"力"を与えれば、魔王めを倒すのも可能だ。
 両親の、故郷の仇を取るのだ。』
「父さんと母さんの...仇を...取る。」
『そうだ。
 さぁ、我が"神力"を込めし剣を授けよう。
 受け取るが良い。
 そして魔王めに鉄槌を下すのだ。』
「...わかり...ました。」
剣を受け取る少年。
「?
 ...ぅぁぁぁぁぁぁぁぁッ!?
 何...だッこれ...!?」
『剣から我が"神力"が流れ込んでおるのだ。
 耐えよ、それがお前の力となる。
 (こやつならば力に耐えれるはずだ。
  そのように作ったのだからな...。)』
「ぅぁぁぁぁぁぁぁぁッ!!」
剣から声が聞こえる。
-魔王ヲ殺セ...
-魔王ヲ殺シテ私達ノ恨ミヲ晴ラシテ!
-オ前ハ勇者ノ血ヲ引ク者ダ、大丈夫ダ。
「ぅぁぁぁぁぁぁぁぁッ」
-恐レル事ハ無イ。
-オ前ト我ヲ使イコナセバ魔王ナド取ルニ足ラヌ。
「ぅぅっ
 ぁぁぁッ」
-サァ我ノ力ヲ受ケ入レヨ。
「は...い...。
 お力を...お借りします...。」
『うむ、それで良い。
 ヤツに加担する国も神敵だ。
 その力を持って神の鉄槌を下すのだ。』
「はい...。
 必ずや魔王に神の鉄槌を下します。」
『宜しい。
 ではお前は仲間たちと合流するが良い。
 お前と同じく、魔王めに国や家族を奪われた者たち、我が教えに従いし者たちを集めておる。
 吉報を待っておるぞ。』
「お任せ...下さい。」

『(ククク...
  見ておれ、魔王め...。
  この世界は貴様の存在を認めておらぬのだよ。)』


相方と考えた内容を今回は一部修正...としたつもりが大きく修正となってしまいました。
結果更に短く...orz

しかし神様凄い悪人臭が...ですね(汗

次回は少年と仲間たちが合流...そして!?
の予定です!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

とりあえず退院できたようで良かったです
体調の事がありますし無理しないように

No title

>> 通りすがり 様

コメントありがとうございます!

...まだまだ本調子ではないので徐々に、徐々に慣らして復活を目指します!

ありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

忍足誠

Author:忍足誠
厨二病真っ只中。 ラノベを読んだり、SS書いたりして日々自堕落に生きてます。 魔物娘・悪堕属性大好き。 こっそりオーディオ属性あり。
なお、アイコンは左藤空気先生より使用許可をいただいております。
Twitterアカウント:M_oshitariです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。